ベランダに巣を作られたら薬剤を使いアシナガバチ駆除をしよう

帰巣本能によりまたハチが戻ってきて巣を作ることがある

ベランダに巣を作らせない3大予防策

アシナガバチ駆除をすることは自分の身の安全を守るためにはとても大切です。しかし駆除だけではなく予防することも大事なのでしっかりと対策をとるようにしましょう。 アシナガバチの巣を駆除することはとても大切なことです。駆除をすること以外にも、巣を作らせないような対策をすることも大切なので事前に予防も心がけておきましょう。

スプレーで予防する
ハチは一度巣を作るとその場所を覚えます。アシナガバチ駆除をした際に生き残りのハチなどがいれば、同じ場所に巣を作ろうとするので、専用のスプレーを使い再発防止しましょう。
テープやシートで予防する
薬品を使うとペットや小さな子供に悪影響があるかもしれません。薬品を多く使用する場合は、どうしても周りに多少の影響を与えてしまうものといえます。しかしテープやシートを使用すれば、子供やペットに害なく、再発防止などの予防策をとることができるのです。
ハーブで予防する
女性で一人暮らしをしている人は、ベランダでガーデニングをする際にペパーミントやスペアミントなどの香りがするハーブを育ててみると良いでしょう。ハチはハーブの香りを嫌う傾向にあります。このようにハチを近寄らせない工夫をするとよいでしょう。

ベランダへ巣を作らせないためにも、あらゆる手段を用いて予防をしておくのが良いといえます。しかし、素人が駆除や対策を行っても、巣を作られる可能性はゼロにはなりません。そのため、アシナガバチ駆除を完璧に行うためにも専門業者に依頼するようにしましょう。

もし部屋の中にアシナガバチが入った時は・・

夏になるとハチなどの昆虫が活発に活動を始めるといわれています。夏場は虫対策やハチ対策をしっかりと忘れずに行うことが大切です。夜に部屋の明かりなどを付けたままにし、ベランダの窓を開けていると昆虫やハチなどが侵入してくる恐れがあります。もしハチが侵入してきたら、部屋の明かりなどを消すなどをして追い払うようにしましょう。虫は明るい方へ向かう習性があるので、部屋の電気を消すと外へ追い払うことができます。

TOPボタン