ベランダに巣は作られやすい~アシナガバチ駆除を依頼しよう~

帰巣本能によりまたハチが戻ってきて巣を作ることがある

こんな場所にアシナガバチは巣を作る~住宅で気をつける場所~

ハチは自分たちが住みやすい環境を見つけると巣を作り始めます。一度巣を作られてしまうと、駆除してもまた巣を作られてしまう場合があります。また、ハチに刺される危険性もあるので、対策を考えましょう。早めに対策をすることで、駆除費用も抑えることができます。

どんな場所に巣を作るのか把握する

アシナガバチが巣を作りやすい環境(40代/アシナガバチ駆除業者)

ハチが巣を作る時には、天候の影響を受けない安全な場所を選びます。そのため、基本的に雨や風を凌ぐことができるような場所であれば、どこにでも巣を作る可能性があります。また狭く閉鎖的な空間を好む傾向があるので、倉庫などに作られる場合が多いです。その他にも、家の周辺にエサがあると、巣を作られやすくなってしまいます。一度巣を作られやすい環境になっていないか確認してみるとよいでしょう。

住宅ではこんな場所に巣ができる(30代/アシナガバチ駆除業者)

ハチの巣は換気口や軒先などにも作られることがあります。他にも、換気口からハチが侵入し床下などに巣を作ることもあります。またベランダに置かれて放置されているプランターなどの人が中々触らない場所にも巣が作られることがあるので注意が必要です。高所に巣ができてしまった場合は、個人で駆除するのは難しいので、アシナガバチ駆除を行う業者へ依頼する必要があります。

抜群の記憶力を持っているアシナガバチ

アシナバチは記憶力が良く一度巣を作った場所を忘れません。一度ベランダにできた巣を破壊したとしても、ハチが一匹でも生き残っていたらまた戻ってきて巣を作ろうとします。これではいくら破壊しても一向に問題の解決ができないため、アシナガバチ駆除をプロに依頼して再発の防止などを行ってもらう必要があります。

アシナガバチ駆除業者が教える巣作りの時期と行動

女王バチが冬眠して、目覚めるまでは時期や巣作りを本格的に始める時期などを知ることができると巣作り防止に役立ちます。

春先は巣作りを開始する時期

アシナガバチが産卵する時期は4月~6月くらいだといわれています。そのため、産卵時期に合わせて巣作りが始まります。ハチが巣を作りやすい環境としては、風通しが悪く、湿気を多く含むところになります。

アシナガバチが巣を作るまでの行動

女王蜂の目覚め

女王バチは翌年の春がくるまで冬眠をします。冬眠をすることによって厳しい冬の時期を乗り切るのです。目覚めてまだ間もない女王バチは栄養不足によって体が弱っているので、当分栄養補給などに時間を使います。

候補地を探す

目覚めた後の女王バチは栄養補給によって活発に動けるようになります。そうすると次は巣を作る場所を探しに飛び回るのです。巣を作るのにふさわしい環境をいくつか探しながら、巣作りの条件に合う場所を見つけるとそこに巣を作り始めます。条件が合うと民家のベランダなどにも、巣を作られてしまう可能性があるので、防止策を考えておきましょう。

巣作り開始

女王蜂は巣を作る場所を決めたら、巣を作るために必要となる素材を集めます。その際には、巣の場所を把握しておくために、近場で材料を探すようにします。初めは女王蜂一匹で巣作りするので、完成スピードは遅いです。

男性

住宅のベランダに何としてでも巣を作らせたくないと考える人もいます。巣をどうしても作らせたくない場合は、巣を作るのに適さない環境を作る必要があります。ハチの習性なども知っておくと対策しやすくなるでしょう。また、確実にアシナガバチ駆除を行なう場合は、業者に依頼した方が安心です。

TOPボタン